« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月21日 (木)

まじでムカついた

とりあえず、ムカつく奴はいつまでたってもムカつくやつだと言う事が分かった。

とりあえず、俺がガチで切れた流れ。

ミクシーでの話ね。

俺がミクシーに参加する。

ミクシーからバスケのチームに参加してる人もいるみたいだから、コミュでも作ろう。練習日程とか知らせやすいし。

コミュ作成

前キャプテンが作ってたチームコミュ発見

実際には、前キャプテンの嫁さんにまかせっきりで、稼動していない。日程とか、新人の参加者に対しての連絡もなし。

で、前キャプテン(コミュ管理人)から連絡

前「ミクシー始めたんならチームのコミュがあるから探して、コミュの管理も頼む」

俺「お前が作ったコミュじゃ参加者とかの承諾とか俺が出来ないだろうが」

仕方ないから、俺が作ったコミュに、前のコミュからメンバー移動してもらうか。

前コミュに「こんにちわ。前キャプテンからキャプテン移譲された○○です。よろしくお願いします。こちらのコミュだと俺が管理しにくいので、お手数ですが、新コミュの方に移動していただけませんでしょうか?」って旧コミュの方に書き込み。

数日後、

前キャプ「メンバーに迷惑がかかるからそういう書き込みは止めてくれ。」って書き込み。

この書き込みのどこが迷惑なのかわからんが。

俺「ってか、まずお前が、管理人もキャプテンも○○に変わりましたので、連絡等はそちらにして下さい。位の書き込みするのが筋だろうが。」って書き込み。

前キャプ、シカト。俺を荒らしと認定。

最終的に、俺を旧コミュのメンバーから外して、他のメンバー(共通の友達)に俺の愚痴なのか文句なのか知らんけど、話してるみたい。そいつが教えてくれた。

こいつまじで有り得ん。

キャプテンを変わるときも完全に投げて俺に渡してきたし、仕事が忙しいから練習に参加できないと言っておきながら、野球やってるし。

お前が作ったチームなら、責任持てや。ボケが。

第一、管理とか、新人さんへの連絡を奥さんに任せるってどういうアホだよ。

奥さん関係ないだろが。奥さん困惑してたっての。

まぁ、どうせ、他のミクシーのメンバーにも文句メール送ってんだろうな。

コミュのメンバー移動させんな。って、じゃあお前が管理しろよwって話だよな。

しかも荒らして。どこが荒らしてんだよ。

どう考えても、チームに参加してる、したい人にとっては、練習日程とか試合の詳細とか何にも書かないコミュより、ちゃんと俺が管理してるコミュにいるほうがいいだろうが。

あ~、まじでアホ相手はイライラするわ~。

お前は何がしたいんだと。

前からだけど、自分の意見と違うことがあったら、切れるやつだったからな。

まぁ、友達とは思ってないが。

いい加減ムカついたわ。

とりあえず、キャプテン移譲されてからのこいつのやる気の無さにはうんざりしてたところなので、ちょうどいいタイミングで喧嘩ふっかけてきてくれたよ。

大人なんでね、手出ししたりはしませんが、相手にしないことにしました。

正直そのくらいで、怒りが収まるか分かりませんがね。

おわり!!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月20日 (水)

オワタ

うなされて起きたと思う。

どうもJです。

CさんとKさんが付き合っていました。

俺が発見しました。

二人が接吻しているところを。

俺は、遠くからそれを発見し、何を思ったか突然二人に向かって「K~!!!!!!」って恨みのこもった声で叫びながらダッシュし、Cさんを抱きかかえて逃げました。

Cさんと二人っきりになり、色々話を聞きました。

何故かCさん、不敵な笑みを浮かべてましたが。

なぜKさんを選んだのか?という質問には答えてくれませんでした。

そこへ、Kさんが来て、Cさんと二人で去っていこうとしました。

俺は言った。

「いつからなんですか?」と。

Cさんが答えた。

今朝からだと。俺が発見した時からだと。

俺、超悔し涙。

二人がいなくなって、俺は虚無感と絶望感で、その場に崩れ落ち泣いた。

すごいよな。

この絶望感って。

まじでどうにもならん状況過ぎて、泣くしか出来ない。もしくは発狂。

って夢を見た。

寝汗がすごすぎる。

で、即これを書いている。

夢でよかったのだが、これが現実でも夢の中と同じリアクションをしそうな俺がいて、妙にリアルだった。

こんな夢を見た原因は分かってる。

Cさんの、仕事先での誰にでも愛される人気っぷりを感じたからかな。

人当たりの良さなのか、姉さん肌だからなのか。

Cさんに対して、好きだとかそういう感情を持ってないやつにまで、お前そんなにCさんに近づくんじゃねぇよ。ボケが。とか思ってしまうからね。

もう軽く病気。

恋って病気だ。

実際のところどうなのか?

って現在の状況は、特に進展ありません。

俺にもKさんにも。多分。

今後の予定としては、24日のバスケの試合にCさんが応援に来てくれる。

来月の中ごろの飲兵衛の会。

未定の「ずんだもち祭り」。

来月下旬の「陶芸一日体験」。

が、仕事以外でのCさんとの関わりです。

好きな女には積極的に行きたいところだが、子供がいると、全くと言っていいほど誘えない。

半分冗談、半分本気で二人で飲みに行きましょう。って言ったりはするけど。

ってか、二人で飲みに行きましょうって言えるようになっただけでもすげぇんだけど。

童貞臭い発言だが、Cさんに関しては、今までの経験が全く生かせないからね。

言い方は悪いが、俺は好きになったら、即行動で今までゲットしてきたわけで、こんな二年も片思いってのも初だし。

即行動が起こせないってところがまじでいかんな。

どうなんやろうなぁ。

休みがCさんと被る時があっても、毎日本当に寝る時間削って、育児、家事、仕事だから疲れてるし、せっかくの休みなんだからそっとしとこうとか、お子さんいるし、まぁ無理だろうなぁって思っちゃうしね。

ちょっと飲みに行くぐらいは、多分大丈夫なんだろうけど。

お酒は好きだし、ストレスも見せないだけで、当然あるだろうしね。

今度、ガチンコで誘ってみようかな。

もう俺がCさんを好きだってことはしっているわけで、誘うのもおかしくないだろ。

まぁ、お金の心配で来れないとかなると嫌だから当然奢るつもりだけどさ。

来月辺り、誘ってみよう。

ダメ元だ。

ただ、俺がみんなの中で、本気で言っていることが少ない人みたいになってしまっているから、それでどう捕らえられるかが問題だ。

気合入ってきたぜ!

とりあえず、今度の試合でCさんに「J君かっこいい!」って思わせる作戦発動です。

中坊乙。

まさか、あの地獄な夢の絶望状態から、こういう心理状態まで持っていけるとは。

ブログやるじゃん。

って感じです。

終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月17日 (日)

間隔開きすぎ

どうもJです。

一週間ほどブログを放置してしまいまして・・・。

申し訳。

時間無かったのですよ。

で、こんな時間(朝六時)なんかに更新しているわけですが、

昨日から、気分転換ゲームとして「真、女神転生Ⅲノクターン」をやっているのです。

メガテン知らない人に説明しますと、

主人公がいて、敵が悪魔的なもので、そいつら仲間にして、合成したり進化させたりして、パーティのレベルを上げて、ボスを倒すとそういうゲームですね。

で、重要なのが、ここ。

主人公が死んだら、仲間が生きてようが問答無用でゲームオーバー。

女神転生は昔、中学生位の時かな。

友達に借りてやってみたのだが、当時の俺のは難しくてクリアできなかった。

というか、開始数時間で投げた。

まぁその時はⅢではなかったけど。

で、今回のメガテンⅢ。

いや~、今回もそこらのRPGとは一線を画く難しさ。

というか、ゲーム自体は難しくないのだが、主人公の死亡率が異常。

多分、中学の時の俺は、主人公が死んだら即ゲームオーバーな場面に出くわして投げたんだろうなぁ。

まぁ、仲間モンスターどもは主人公に従ってるだけだから、従う奴が死んだらどっか行くってイメージですな。

このシステムが、ドラクエとかFFとかより難しく思う理由だと思うわ。

雑魚に殺されるとか普通だからね。

バックアタックされて、主人公集中攻撃フルボッコされて終わり。

即死魔法(デスとかザキとかの類)で、耐性なくて即死とかも。

もうね、三日前に買ってすでに15回ほど全滅してますが何か?

本当、一回の戦闘毎にセーブした方がいいじゃないか?って位ですよ。

とりあえず一回目のクリアまでは攻略見ない性分でした、メガテン初プレーで苦戦しとります。

合成とか全然分からんからね。

魔法もまだ把握して無いし。

メガテン難しいわ~。

これまで、どれだけぬるいゲームしてたかということですな。

というわけで、ゲーム更新でした。

ずんだもち及び、Cさん話はまた後日。

とりあえず、Cさんに「ずんだもち祭りしませんか?」ってメールしてみた。

終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

こりゃいかん

どっちがメインだって話ですよ。

どうもJです。

mixi始めたことは前回書きましたが、何と言いますか、バスケ関係の知り合いがマイミクシー(ミクシー内の友達)として存在してまして、ミクシーにバスケ関連の日記を書いた方が反応がいいと言いますか、結構まじで書いてるので、伝わる事も多いと思って、mixiに書いちゃってるんですよね。

となると、こっちのネタはどうするよ?ってなるのですね。

いや、別に同じ内容書いてもいいんだけど、そんなん意味無いし、ブログが本当の紙面なんでね。

というわけで、バスケ以外の話と、mixiこぼれバスケ話をこっちに書きます。

で、今日はというと、床屋行って、バスケして、親父と飯食ったって位なので、バスケこぼれ話を(ぇ?

今日の練習には、待望の女子部員二人目が参加。

女子部員はマネージャー併せて四名いるんだけど、プレーヤーは二人なのです。

で、今日初参加の女の子に「男ばっかりだけど、ゲームに参加してみない?」と聞いたところ「頑張ってみます!」との頼もしい言葉が飛び出たので、参加してもらうことに。

で、チーム内の試合の時、俺のチーム対新人女の子チームになりましてね。

バスケというものは基本、体と体がぶつかるのが当然のスポーツでして・・・。

ゲーム中、俺のディフェンスエリアに女の子が入ってきまして、俺がディフェンスに行ったわけです。

で、流れの中で、女の子が急停止しまして、まだまだ怪我した足の踏ん張りが利かない中、トップスピードの俺の体と言うか、「やべぇ!ぶつかる」って手のひらでぶつかりのショックを抑えるために添えた手が、触っちゃいかん場所に当たっちゃいましてね。

断じて意図的にではないですがね!!

結局、俺のファールだったんですが、ファールによるプレー中断の間の周りの男共のブーイングと言ったらもう・・・。

「やさしくしてやって下さいよ!キャプテン!(・∀・)ニヤニヤ」みたいなね。

俺が試合前に「女の子入るからラフプレー禁止」って言った手前、反論出来なくて。

で、何と無く触らないようにプレーしてたんですけど、唐突に俺以上の強者が現れた。

女の子のシュートを思いっきりブロックしまくりな30歳。

あんたの血は何色だ!!

どんだけ本気だよw

まぁ、女の子も練習後にメールで、「チーム参加します!頑張ります!」って言ってたから良かったんだけどね。

まとめると、やわらかかった。(全てが台無し)。

これがブログクオリティ。

mixiにゃ間違っても書けない。

終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 9日 (土)

あふぅ~

ずんだもち食べたよ!

これが本当のずんだか!!!うめぇ!!

け~さんまじでサンクス!

どうもJです。

今更ながらmixiを始めました。

何が面白いのか、今はまだ分かってません。

日記なんて、こっちで書くしさ。

高校の同級生とか、好きだった人とか探してみては?と言われましたが、連絡取りたいような人はとっくに携帯のアドレスの中にいますが何か?ってことなんだよね。

好きだった人って言ってもなぁ。

知人が「mixiで好きだった人を検索したら実は日本人じゃなかった」という報告を受けたこともあったしな~。

どんだけ新事実だよってことです。

とりあえず、どうしようかなぁ~。

ネットでの知り合いでマイミクシーしても、あんまり意味無いような気がするし。

バスケの女子メンバー募ってみるかなぁ。

超好青年っぽさをアピールしながら、

「こ☆ん☆に☆ち☆わ!僕Jだよ。バスケチームのキャプテンやってるんだ!良かったらチームに参加しないかい?女の子は大歓迎だよ!一緒に上手くなろう!」

・・・・。

ここまで書いて、好青年っぽい文章が考え付かなかった。

むしろどう考えても女の子ハンター臭い。

というわけで、最近勢いのある悪Jで募集してみるですよ。

とりあえず、意味があるのか分からんが、俺とマイミクしてくれる方掲示板によろしくお願いします。

ニックネームは「こばじゅん」なんで。

普通に晒してるけど大丈夫だよな・・・。

ではでは部員達からのメール攻撃で全然眠れなかったJがお送りしました。

メンバーまじ自重しろ。

け~さんへ

申し訳ないのですが、ずんだもちのお返し、しばしお待ち下さい。

ってか、Cさんと一緒に食べていいの?

何と無く、Cさんと一緒に食べるのはけ~さんに失礼だ!って思ってたんですけどね。

Cさんと一緒に食べていいなら、もちろん一緒に食べさせてもらいますが。

みなぎってきた!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

ちょっと感動したね

今日は、バスケの練習でした。

テーピングと、サポーター+バッシュで、何とか走れたりジャンプしたりと動けるようにはなった。

まぁ、まだ恐怖心があるから、すばやくターンしたり、思いっきりダッシュは出来ないけど、相当の回復だ。

人体はすげぇぜ!

みんなに大丈夫?みたいなこと言われたけど、もう一ヵ月後にはチームとして初の大会参加なので、少しでも体を元に戻しておかなければ。

怪我再発させたら意味無いってのはわかってるんだけどね。

うちのチームは、俺がキャプテンになる前は、かなり人数が少なくて、練習参加人数が数人で5対5も出来ない状態が続いていた。

で、俺がキャプテンになって、人集めしたところ、何かすんなりと20名ほどのメンバーが揃い現在に至る。

でね、今日の練習後。

普段、練習終わって集合させて、連絡事項等など伝えて、何と無く解散みたいな流れだったんだけど、今日は何故か、行ける奴だけ飯一緒に食べに行かないか?みたいな流れになってですね、当然俺も行ったわけですよ。

飯食べながら、バスケ談義に花を咲かせていたわけですが、ふと、メンバーの一人が

「チームの人数増えてきて良かったですよね。俺、バスケのチーム探してて何チームか参加してみたけど、自分に合うチームが無かったし、参加してもいい加減な扱いされて、このチームでやりたいってところがなかったんですよね。

けど、キャプテン(俺ね)のチームに来て、キャプテンが声かけてくれたり、ちゃんとチームメンバー一人一人の事考えてるキャプテンなんだなぁって思って、このチームに入ったんすよ。

新規で入ったメンバーもみんな言ってましたよ。あのキャプテンのチームだから入った。って。

他のチームとかメンバー抜けて入って、抜けて入っての繰り返しでチームになってない。

このチームは抜けるメンバーが一人もいないのは、キャプテンがちゃんとやってるからって。」

って言ってくれた。

それに周りもうなずいてくれましてね。

俺さ、こんなに大人数の人まとめたり、リーダーシップ取ったりの経験無くて、ちゃんとやれてるのかなぁとか、不満はないんかなぁとか思ってて、めっちゃ色々考えてたんですよね。

で、今日、その話を聞いてさ、まじで泣きそうやったね。

さすがに泣いたらやばいので、泣きませんでしたが、「ありがとう」って言葉が震えてしまったね。

良かった~って。

もう、今書いてても泣きそうなのはスルーで。

本当、知らん人ばっかりの集まりだったからね。

最初に、緊張しまくりなキャプテン挨拶したり、チーム規約作ったり、チームHP作ったり、メンバー表作ったり、保険とか、部費とか、大会参加の為のユニフォーム作り、その他諸々のチーム構成に必要な作業してさ。

新メンバー同士の喧嘩があったりさ。

かなり大変な、数ヶ月でした。

俺も、1メンバーとして、何も気にせずに参加だけしたいなぁとか思ったりもしたけどさ。

チームとしてちゃんとやっていこうって思ってるの俺だけ?とか思ったこともあったし。

まじで努力は無駄じゃなかったって思ったね。

みんな分かってくれてたんや~って。

一緒に飯食ったりで、練習中はあんまりコミュニケーションとれないメンバー達とも沢山話せたし。

いいチームになってよかったよかった。

まぁ、これからもトラブルとか面倒くさい仕事もあると思うけど、メンバーが分かってくれてるならやる気も出るってもんだ。

協力してくれるって言ってくれたし。

こういうのがチーム活動のいいところだよな。

って感じです。

で、俺が帰りにバイト先の店に邪魔しに行こうって店に向かってたら、遅刻出勤中のCさんに偶然出会いましたw

偶然過ぎて、まじでハイテンション。

新入バイトに「え?同伴出勤ですか?」とか言われた。

もう、何言ってんだよ~。そんなわけないやん。偶然だって。(内心嬉しい)。な感じ。

いいことは続くもんですな。

今日の新聞占いで、思わぬ朗報が。みたいな感じだったのを思い出した。

占いも時々は当たるもんだな。

と思った、Jなのでした。

終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

復帰っき

やっとこさ仕事に復帰しましたぜ。

どうもJです。おなか痛い。

極端に言うと、

仕事復帰=Cさんと会う

なので、久しぶりにCさんと仕事をしてきました。

復帰初日だというのに、人の二倍ほど働かされたのはどういうことですか?

まぁいいとして、先日Cさんに対しての気持ち薄れてきたかな~、って書いたのだが

全く変わってなかったね・・・。

何であんなに魅力的なんだ。

もう、俺のCさんに対しての気持ちがなくなることは無いかも知らん。

久しぶりだからか、Cさんと俺の会話のクオリティが高くてですね、Cさんもめっさ話しかけて来てくれるのですよ。

俺も、復帰が嬉しくてテンション高かったしね。

まぁ、会ってなくても、毎日メールやら電話やらで話をしてたりしてたので、大抵の情報は共有してたんでね。普通に会話成立するわな。

で、休職中に電話でそれとなく「Kさんとどんな感じですか?」って聞いてたのですよ。

見てないから、心配やん?俺がいない間に発展してたらやばいなぁって。

で、答えとしては「どうも何もほとんど会話すらしてないから、何も変わってないよ」って言われてた。

で、俺が見た結果。

まじで会話もないし、何の進展もなさそう。

いや、まぁ隠してるって言われると否定できないけど、何と無く雰囲気で分かるやん?

好きな人の変化なら尚更。

これは、いいチャンスかも知れんね。

俺がいてもいなくても進展がないのであれば、俺が就職して、Cさんを受け入れるとこが出来るって体制が整うまでの間、何とかもつかも知れん。

いい加減なぁなぁじゃどうしようもないからな。

とりあえず、Cさんに対しての気持ちは無理やり押さえつけて、俺自身の変化を待ってもらうしかないし。

今年の試験は受かるっきゃない!やるっきゃない。

数ヶ月前の、

Cさんの、「俺がちゃんと告白してくれるのを待ってる」って言葉を信じてさ~。

Kさんに関しては、一人暮らし一ヶ月強が過ぎた今でも、一人暮らしを満喫してるらしい。

飽きたりしないのかなぁ。

ってか、内縁さんがいなくなったことによって、内縁さんのありがたさとか感じるてるかなぁとか思ったけど、全然感じてなかった。

せいせいしたぜ!みたいな感じだったからね。

10年も一緒にいて、そんな簡単なものなのか。

十年一日とはいかないか。

いや、違う意味で考えると十年一日か。

前奥さん捨てて、新しい方にひょいといける神経を考えると。

今回も相手がいないだけでそうだもんな。

まぁいいや。

実際に会うと、Kさん叩きつぶす方法がイマイチ分からなかったJでした。

CさんとイチャイチャしたらKさん潰せるかな?

終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »